文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. くらし・市政>
  3. まちづくり>
  4. 協働によるまちづくり>
  5. 【開催報告】石岡未来会議オンライン(令和2年11月・12月)

まちづくり

【開催報告】石岡未来会議オンライン(令和2年11月・12月)

 『石岡未来会議オンラインバナー』の画像

【開催報告】石岡未来会議オンラインの趣旨

(1)市民と行政が、同じ情報を共有し、垣根を越えて、ありたいまちの姿について対話をする
(2)対話を重ね、市民と行政の信頼関係を築く。協働できる「市民と行政のコミュニティ」をつくる
(3)文化施設整備事業に関する話し合いの場に、石岡未来会議で出た意見を届ける

石岡未来会議の参加者
・申込者合計:43人(男性21人・女性22人)
・第1回(11月3日〔火・祝〕)参加者:33人
・第2回(11月14日〔土〕)参加者:28人
・第3回(11月23日〔日・祝〕)参加者:33人
・第4回(12月5日〔土〕)参加者32人
『石岡未来会議 参加者層グラフ』の画像
石岡未来会議の内容(第1~4回の対話の内容はこちらから。令和2年12月28日UP)

会議内容は、開催日時点のものです。複合化を検討している施設機能などに関しては、文化施設整備事業の進捗に伴い、今後変更していく場合があります。

(1)第1回「石岡のいまを知る」

【話題提供】
・石岡市の人口の推移と将来推計、市施設の利用頻度や、各世代の地域への参画意欲などに関する情報
・立地や複合化を検討している施設機能、事業スケジュールに関する概要

【グループ対話のテーマ】
・話題提供を受けて、もっと知りたいと思ったこと
・施設を使って感じた課題
・こんな施設があったら使いたい

【資料】
第1回 石岡未来会議_石岡市のいまを知ろう(データ編)(新しいウインドウで開きます)
石岡未来会議オンライン第1回(11月3日)要約

(2)第2回「育てたい石岡の文化を考えよう」

【話題提供】
・石岡市民会館の利用状況(使用者数推移、利用目的・団体・料金)、市内類似施設(中央公民館・ひまわりの館など)に関する情報提供
・市内で親子を対象にした文化活動(舞台鑑賞やワークショップ)を開催してきた「いしおか子ども劇場(石岡市文化協会所属)」の活動の成果と現状の課題

【グループ対話のテーマ】
・あなたはどんな文化活動を体験してきましたか?今後、どんな活動に参加してみたいですか?
・文化活動が生まれたり、活性化したりするための仕組みや機能は、何だと思いますか?

【資料】
第2回 石岡未来会議_育てたい石岡の文化について考えよう(旧石岡市民会館のあらまし)(新しいウインドウで開きます)
石岡未来会議オンライン第2回(11月14日)要約(新しいウインドウで開きます)

(3)第3回「文化を育てる仕組みとは?」

【話題提供】
・第1回・2回で参加者から出された、求める施設機能の整理
・複合化を検討している施設の機能の整理
・全国の複合施設の成功事例
・石岡市芸術文化推進基本計画の紹介(石岡市の文化と現状と課題)
・市民が文化施設にどう関わっているか?参加者・利用者・運営者の3つの関わり方から、全国の施設の取組事例の紹

【グループ対話】
・どんな施設のどんなところがよかったか?
・私これだったら、やってみたい!こんな関わりしてみたい!というのはあった?

【資料】
第3回 石岡未来会議_文化を育てる仕組みとは?(石岡市文化芸術推進基本計画)(新しいウインドウで開きます)
石岡未来会議オンライン第3回(11月23日)要約(新しいウインドウで開きます)

(4)第4回「暮らしを豊かにする場所を、まちにつくろう」

【対話の場の設定】
・第1回~3回は事務局で「対話のテーマ」を用意し、文化施設整備に関する意向調査を主軸に実施し、「施設に求めるもの」と「運営に求めるもの」に関する意向を把握することができた。
・1~3回で参加者同士が少しずつ知り合っていったことで、「地域の活動に関わっていきたいと思うようになった」という感想も寄せられた。
・そこで、第4回は、協働のまちづくりの観点から、責任と情熱をもって掲げたい「対話のテーマ」を参加者から出してもらうことにした。「『私』は石岡未来会議のメンバーで○○をやってみたい」と責任と情熱をもって掲げられるテーマを募り、8つのテーマで対話を行った。

【グループ対話】
・「私は」石岡未来会議のメンバーで○○をやってみたい

【資料】
石岡未来会議オンライン第4回(12月5日)要約(新しいウインドウで開きます)

 

【参加者募集】石岡未来会議オンライン Vol.1 新しい文化施設のかたちを探る(令和2年10月12日up)

令和2年3月に、50年以上にわたって文化芸術活動の発表と鑑賞の場であった、石岡市民会館が閉館し、今年度から新たな文化施設についての調査が始まっています。新しい文化施設のかたちを探す、オンラインのワークショップを開催します(参加費無料)。参加者同士の対話を通して、暮らしを豊かにする施設について、みんなで考えていきませんか。

目指すもの

性別・年代・居住地を問わず、幅広い層が集い、まちづくりを進めていくために、未来のための対話の場を作ります。この会議から、人とひとが繋がり、コミュニティができて、石岡のまちを面白くするアイデアが生まれ、実現することを目指しています。
令和2年4月に、市民がゆるやかにつながる対話の場をつくるために石岡オンライン対話の会」を立ち上げた、市内在住の女性二人がファシリテーターを務めます。

ファシリテーター

「石岡オンライン対話の会」
市民がゆるやかにつながる対話の場づくり等を行うため、市内在住の女性2人が立ち上げた会。
立ち上げのきっかけは、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、立候補者のマニフェストを聞く機会が減ってしまった令和2年4月の「石岡市長選挙」にて、オンラインで立候補者インタビューを実施したこと。対話を重視したオンラインのイベント等の開催や開催のサポートを行う。

姜 咲知子(かん さちこ)さん
岡山県出身。2009年、石岡市に移住。有機農業を行う「暮らしの実験室やさと農場」企画事務スタッフ。

平方 亜弥子(ひらかた あやこ)さん
佐賀県出身。2019年、石岡市に移住。CMやテレビ番組のナレーション活動のほか、ラジオのパーソナリティとして震災後、県内の方たちの話を聴く。

内容と日時(全4回)
11月3日(火・祝) 第1回 「石岡の『いま』を知ろう
11月14日(土) 第2回 「育てたい石岡の文化について考えよう」
11月23日(月・祝) 第3回 「文化を育てる仕組みとは?」
12月5日(土) 第4回 「暮らしを豊かにする場所を、まちにつくろう」
※時間は、いずれも午後1時~4時で、オンライン会議システムZOOMを使って行います。  
対象

石岡市でやりたいことがある方(在住・在勤は問いません)
※原則、4回すべてに参加できる方が対象ですが、都合で参加できない日がありましたら、事前にお知らせください。

定員

30人

申込期間

10月5日(月)~10月30日(金)午後5時15分

申込方法

専用申込フォーム(https://www.city.ishioka.lg.jp/mailform.php?code=34)から、お申し込みください。『石岡未来会議オンライン申込QR』の画像 

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせはコミュニティ推進課です。

本庁舎 1階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-23-2225

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る