文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)>
  3. 身近な方で新型コロナウイルス感染症患者が出た場合の対応

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

身近な方で新型コロナウイルス感染症患者が出た場合の対応

令和2年12月25日現在

【感染を疑った場合の対応】

 発熱や咳などの軽い症状が見られた場合であれば、自宅療養で回復される方が大半ですが、急激な症状の悪化が見られる方も見られます。

以下の条件に当てはまる場合は、かかりつけ医等の地域で身近な医療機関に電話連絡をした上で受診して頂くようお願いいたします。

 (1)息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等強い症状がある場合

 (2)高齢者や基礎疾患*のある方(*糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)、妊婦)で、発熱や咳等の比較的軽い症状のある場合

 (3)上記以外の方で、発熱や咳等の比較的軽い症状が続く場合

 かかりつけ医等がいない場合は、受診・相談センター(☎029-301-3200)または、茨城県HPで公表されている診療・検査医療機関をご確認の上、受診してください。

 

【家庭内での注意点】

感染が疑われた場合の対応は以下のとおりです。

 (1)部屋を分け食事や就寝は別室にしてください。本人はトイレ・風呂の共有スペースの利用は最小限ただき、極力部屋から出ないようにしましょう

 (2)感染が疑われるまたは感染者のお世話はできるだけ限られた方で、マスク・手袋の着用やこまめな手洗い、定期的な換気をしましょう。

 (3)手で触れる共有部分(ドアの取っ手、ノブ、階段の手すり等)は、消毒しましょう。特にタオルは共用しないよう注意しましょう。

 ご家族または同居されている方も熱を測ることマスクの着用手洗い換気をするなど、健康観察し、不要不急の外出は避けて、発熱や咳などの比較的軽い症状があるときには、職場や学校などに行かないでください。

厚生労働省HP:
ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと ~8つのポイント~

 

【感染して自宅療養、宿泊施設療養、入院となった場合】

【自宅療養・宿泊施設療養の対象者】

 ・軽症患者のうち、高齢者、基礎疾患がある方、免疫抑制状態である方、妊娠している方等で重症化のおそれ高い方に該当しない方、もしくは医師から入院の必要性がないと判断された方は、自宅療養もしくは宿泊設療養の対象者となります。

 ・無症状病原体保有者(症状なし)や軽症者は、重症化リスクが高い方の病床確保が難しくなることが想定されることから自宅療養・宿泊施設療養となります。

 ・宿泊施設療養の場合、発症日から10日間経過し、かつ症状軽快後72時間経過した場合に帰宅可能となります。

 

【入院の対象者】

 ・中等症及び重症症状の方は入院となります。

 ・高齢者や基礎疾患があり、重症化リスクのある方など医療上の必要がある方について入院勧告・措置の対象としており、また併せて、「都道府県知事がまん延防止のために入院させる必要があると認める方」についても対象としています。

 

厚生労働省HP:
軽症者等の宿泊施設や自宅での療養に関するQ&A

新型コロナウイルス感染症の感染症法の運用見直しに関するQ&A

茨城県HP:
宿泊施設での療養について

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

石岡保健センター 〒315-0027 茨城県石岡市杉並二丁目1番1号

電話番号:0299-24-1386 ファックス番号:0299-24-4638

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る