文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. くらし・市政>
  3. まちづくり>
  4. 安心・安全のまちづくり>
  5. 石岡市ドローンパイロットチーム 活動日記

まちづくり

石岡市ドローンパイロットチーム 活動日記

 最終更新日:令和3年2月18日

『ドローン活動日記バナー』の画像

 石岡市では、令和元年度より、ドローンを活用したまちづくりの実現に向けた検討を開始し、令和2年度に市の課題解決の手段としてドローンを活用する取り組みをスタートしました。

ドローンの運行を担うのは、市職員22名で結成したパイロットチーム「Peaceful Blue(ピースフル・ブルー)」のメンバーです。民間機関で安全確実な運行スキルを習得するための研修を受講した職員を含め、操作練習等を行いながら、活動を行っています。

ここでは、「Peaceful Blue」のメンバーによるドローン活用の取り組みについて、随時ご紹介していきます。

 

石岡市のドローンを活用したまちづくりについてはこちら 

 

 

令和2年度 活動日記

八郷地区の山林にて発生した火災現場での活用(令和3年2月26日)

『『八郷地区山林火災2』の画像』の画像 『『八郷地区山林火災1』の画像』の画像

八郷地区の山林で発生した火災現場においてドローンを活用しました。

ドローンを活用することで火災状況や被害状況などを早期に確認することができ、地上部隊とドローンで得た情報を連携することで効果的な消火活動を行うことができました。

今後も様々な災害現場においてドローンの活用を進めていきます。

 

ドローン操作訓練(令和3年2月17日・2月18日・2月19日)

『『『『『『『2月ドローン訓練02』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像 『『『『2月操作訓練』の画像』の画像』の画像』の画像
『『『2月ドローン訓練03』の画像』の画像』の画像 『『『2月ドローン訓練04』の画像』の画像』の画像

安心安全な運航体制を確立するためドローンパイロットチーム(ピースフル・ブル―)の全メンバーを対象にドローンの操作訓練を実施しました。

今回の操作訓練では、石岡市とドローンの活用に関する協定を締結している「茨城県西自動車学校」が運営する「ドローンビジネスラボラトリーつくば校」のご協力をいただき、訓練のサポートをしていただきました。

訓練を定期的に実施していくことで、チーム全体のスキルアップを進めます。

 

農振整備計画の変更申請に伴う現地確認への活用(令和3年2月16日)

『農政課2月16日その2』の画像

「農振農用地の計画変更申請における農地の確認」について効率化を図るため,該当する農地の撮影を実施しました。

人が立ち入れない農地の確認等にドローンは最適だと思いますので,引き続き活用していきたいと考えています。 

農業振興地域制度については「こちら」

 

園部保育所「豆まき」の撮影(令和3年2月2日)

『『園部保育所1』の画像』の画像 『『園部保育所2』の画像』の画像
『『『『『『『園部保育所4』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像 『『『『『『園部保育所3』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像』の画像

石岡市立園部保育所での「豆まき」の様子をドローンで撮影しました。

鬼さんがすごくリアルで怖かったのですが、子ども達は楽しそうに豆まきをしていました。子ども達も空飛ぶドローンの存在に気づき、豆まきの後はドローンに興味深々。パイロットのお話を熱心に聞いてくれました。

保育所の先生からは「コロナ禍によって外出等が制限されるなか、ドローンによる撮影は子ども達にとって楽しい思い出づくりになったと思います。」と言葉をいただきました。

 

いしおかイベント広場・JR石岡駅東側用地の撮影(令和3年1月5日)

『『イベント広場・駅東1/5(2)』の画像』の画像 『イベント広場・駅東1/5』の画像

現在、コミュニティ推進課で検討が進められている「複合文化施設整備事業」について建設候補地である「いしおかイベント広場」と「JR石岡駅東側用地」の上空を撮影しました。(撮影した写真は『広報いしおか(2021年2月1日号)』に掲載されています。)

今後も『広報いしおか』の掲載が必要なときなど、コミュニティ推進課と連携を図りながら候補地の写真については撮影していきたいと考えています。

複合文化施設整備事業の詳しい情報は「こちら」

 

市営住宅の屋根部分状況確認(令和2年12月22日)

『『市営住宅点検12/22(3)』の画像』の画像 『『市営住宅点検12/22(2)』の画像』の画像
『市営住宅点検12/22➃』の画像 『市営住宅点検➃』の画像

建築住宅指導課では市営住宅の長寿命化計画の一環として、定期的に点検を実施しています。屋根部分の点検は高所での作業となることから、ドローンを活用しました。

当日は、市配備ドローンの特徴の一つである「赤外線カメラ」による撮影も行いました。

今回の撮影で、十数棟ある市営住宅の点検を、短期間かつ少人数で行うことができました。今後も公共施設・インフラの点検に活用していく予定です。

 

霞ヶ浦からの石岡市全景・スポーツ施設・消防施設・中心市街地の撮影(令和2年12月1日)

『『『霞ヶ浦・スポーツ・消防・中心市街地(12/1)(1)』の画像』の画像』の画像 『霞ヶ浦・スポーツ・消防・中心市街地(12/1)(2)』の画像
『霞ヶ浦・スポーツ・消防・中心市街地(12/1)(3)』の画像 『霞ヶ浦・スポーツ・消防・中心市街地(12/1)➃』の画像

今回は複数の部署から依頼があり、1日かけての撮影になりました。霞ヶ浦上空からの石岡市全景の撮影や、石岡運動公園などスポーツ施設の上空撮影を行いました。

他にも消防本部愛郷橋出張所の建設状況の撮影や、中心市街地上空の撮影(今回は旧市民会館から見える風景)を行いました。

 

ドローン操作訓練(令和2年11月5日・11月6日・11月9日)

『操作訓練風景1』の画像 『『ドローン操作訓練2』の画像』の画像
『ドローン操作訓練3』の画像 『『『『ドローン操作訓練4』の画像』の画像』の画像』の画像

安心安全な運航体制を確立するためドローンパイロットチーム(ピースフル・ブル―)の全メンバーを対象にドローンの操作訓練を実施しました。

民間機関で研修を受講してきた職員に講師役をお願いして、3日間かけてドローンに関する法令、Tello(小型練習機)による自由操作、屋外での撮影練習などを行ないました。今後も定期的に操作訓練を実施する予定です。

 

石岡市中心市街地上空の撮影(令和2年11月4日)

『中心市街地撮影11/4(1)』の画像 『『中心市街地11/4(2)』の画像』の画像

今回は、石岡駅側から見える中心市街地上空の撮影をしました。

写真は西口方向から見える風景と東口方向から見える風景を撮影したものになります。

 

上曽トンネル・本庁舎の撮影(令和2年10月21日)

『『上曽トンネル・本庁舎撮影』の画像』の画像 『上曽トンネル・本庁舎撮影(10/21)(1)』の画像
『『『上曽トンネル・本庁舎撮影(10/21)(2)』の画像』の画像』の画像 『『『上曽トンネル・本庁舎撮影(10/21)(3)』の画像』の画像』の画像

上曽トンネルの整備の進捗状況を市民にわかりやすく伝えるため、上曽トンネル建設地の上空をドローンで撮影をしました(撮影した写真は『広報いしおか(2020年12月1日号)』に掲載されています)。他にも広報素材の活用のため本庁舎の空撮を行ないました。

ドローンによって普段地上から見ている風景とは全く異なる風景を見ることができます。石岡地区の風景も、八郷地区の風景も空から見える風景は一味違います。

 

南小学校防災学習・消防施設の撮影(令和2年10月20日)

『『防災学習・消防施設(10/20)(1)』の画像』の画像 『防災学習・消防施設(10/20)(2)』の画像

石岡市ドローンパイロットチーム(ピースフル・ブルー)による初のフライトになります。記念すべき第1回目のフライトは南小学校で行なわれた防災学習教室の撮影と、消防本部が進めています愛嬌橋出張所の建設状況の撮影でした。

防災学習教室では、災害時におけるドローンの活用場面等についてパイロットから説明を行い、児童たちからも質問を受け付けました。今後は「まちづくり出前講座」を通じてドローンの利活用について理解を得ていただく予定です。

愛郷橋出張所の建設状況の撮影では、ドローンの空撮によって得られるダイナミックな映像は市民の情報発信においてとても重要なツールの一つになってくると思います。

今後も様々な場面でのドローン利活用に向けて活動を進めていきたいと思います。

 

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは行革推進課です。

本庁舎 2階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-22‐5276

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る