石岡市の歴史と記憶

陣屋門改修日記その5 「門の組立て開始」

8月25日、いよいよ陣屋門本体の組立てが始まりました。

朝からの雨も午後には上がり、現場の市民会館駐車場では、まず鏡柱に冠木を貫く作業を行いました。寸分違わず開けられた鏡柱の穴へ冠木を通す作業は、想像以上に大変です。職人さんが掛矢(かけや)と呼ぶ大きな木槌で幾度となく鏡柱を打ち、徐々に冠木を穴に通しました。

『陣屋門改修日記その7 鏡柱』の画像 『陣屋門改修日記その7-1』の画像

鏡柱と冠木を基壇に載せる作業には、大きなクレーン車が活躍。ゆっくりと持ち上げられた門は、空中高く吊り上げられ、慎重に基壇の上へと下されました。最後に、職人さんが礎石の上の太枘(だぼ)(「その3」参照)と鏡柱に穿たれた穴とを合わせて着地。綾なす足場のポールの中に、門のメーンとなる部分が堂々と立ち上がりました。

『陣屋門改修日記その7-2』の画像 『陣屋門日記その7-3』の画像 『陣屋門日記その7-4』の画像

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは文化振興課です。

八郷総合支所 4階 〒315-0195 茨城県石岡市柿岡5680番地1

電話番号:0299-43-1111(代表) ファックス番号:0299-43-1117

お問い合わせフォーム

アンケート

石岡市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?