文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
履歴の移動
前のページに戻る
印刷機能
プリント
背景色変更
標準色
翻訳
Foreigners
閲覧支援
ふりがな・音声読み上げ
  1. ホーム>
  2. くらし・市政>
  3. くらし・手続き>
  4. よくある質問集 くらし・手続き

くらし・手続き

よくある質問集 くらし・手続き

固定資産税(全般)

質問・意見
平成21年に住宅を新築しましたが、平成25年度分から税額が急に高くなったのですが、どうしてですか?
回答
新築住宅には3年間の固定資産税の減額制度が設けられており、一定の要件にあたるときは、固定資産税が課税されることとなった年から3年度分に限り、住宅の120m2分に相当する税額が2分の1に減額されます。したがって、この場合には、平成22・23・24年度分については税額が減額されていたわけですが、平成25年度からは減額期間が終了したために、本来の固定資産税の税額を求められることとなります。また、3階以上の中高層耐火住宅等については、一定の要件にあたるときには、5年度分に限り、税額が2分の1に減額されます。(要件等につきましては、固定資産税・家屋編をご覧ください。)

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは税務課です。

本庁舎 1階 〒315-8640 茨城県石岡市石岡一丁目1番地1

電話番号:0299-23-1111(代表) ファックス番号:0299-23-2225

問い合わせフォームはこちら
スマートフォン用ページで見る